肌に影響を与える糖化と酸化

酸化と糖化は肌の老化の原因⁉

シワ、シミ、くすみ、たるみ、肌の凸凹が増える

、、、などは皮膚の老化によるものです。

 

【酸化について】

酸素と何かが結びつくことを酸化といいます。

鉄に付いたサビ、切って皮をむいたリンゴが茶色に変色するような現象のことです。

 

同様に、体内でも酸化が起こります。

取り込まれた酸素の一部は活性酸素に変化ます。

そして遺伝子や細胞を少しずつ傷つけていきます。

 

生体にはSOD(活性酸素除去酵素)によって体内の活性酸素を無害化する仕組みが備わっています。

しかし

●過度に活性酸素が発生

●加齢によってSODの働きが弱くなる

などの状態になると、体内の活性酸素を無害化しきれなくなります。

すると、体がダメージを受け始めます。

これが肌で起こるとシミやシワなどの、見た目の老化に繋がります

 

紫外線(UV)は、過剰な活性酸素を発生させる大きな原因の一つです。

お肌を守るためにも紫外線はできるだけカットしましょう❢

紫外線は季節によって降り注ぐ量の違いはあります。

が、基本的に年間を通して降り注ぎます。

なので紫外線のケアには十分に意識を向けましょう!

 

 

食パンを焼いた時に表面が茶色くなり硬くなった状態も糖化現象の一つです。

そのイメージから、「肌のコゲ」と言われることもあるのです。

 

体内でタンパク質と過剰な糖が結びつくと糖化が起こります。

それはやがて、最終糖化生成物(AGEs)という物質に変化します。

AGEsは、例えばコラーゲン繊維と結び付くと組織を硬くして肌の弾力を低下させます。

肌の弾力が低下すると、肌表面のデコボコやハリの低下に繋がります😥

 

【糖化について】

食パンを焼いた時に表面が茶色くなり硬くなった状態は糖化現象の一つです。

そのイメージから、糖化は「肌のコゲ」と言われることも。

女性にとって、焦げ肌は避けたいですね💦

 

糖化とは、体内でタンパク質と過剰な糖が結びつくことです。

それはやがて、最終糖化生成物(AGEs)という物質に変化します。

AGEsがコラーゲン繊維と結び付くと組織を硬くして肌の弾力を低下させます。

肌の弾力が低下すると、肌表面のデコボコやハリの低下に繋がります。

 

AGEsは少し褐色を帯びています。

肌が糖化すると、肌の透明感が薄れ黄色っぽくなり

くすんだ印象になることも知られています。

 

糖化を予防するにはどうしたら良いのか⁉

糖もタンパク質も、人間の生命維持のために必要な栄養素です。

タンパク質が不足すると、ロコモティブシンドロームやサルコペニアになるリスクも高まります。

糖はタンパク質をアミノ酸に分解して筋肉に取り込むためのエネルギー源です!

目には見えませんが、糖化酸化はどちらも体内で起こる反応です。

栄養バランスの取れた食事が大切です!

 

【簡単な体調の維持管理】

✧体重計に毎日乗るようにする。

✧鏡を見ながら、肌の状態・顔の変化を観察する。

 

普段からご自身のお肌や体調の管理をすることが大切ですね!

 

10年前のフェイスラインに戻るリンパフェイシャル

肌の若さを保つのに必要なコラーゲン、エラスチン。

老化してしまった肌細胞に刺激を与えて

再びコラーゲンとエラスチンを産生させる成長因子が

含まれた商材を使用するリンパフェイシャルメニューを提供しております。

シミ・シワ・たるみの原因であるリンパ詰まりも解消しつつ、

肌年齢も若返ることが期待できます^^