スウェーデン体操&スウェーデンマッサージが基礎

スウェディッシュマッサージの歴史について

パー・ヘンリック・リン

パー・ヘンリック・リン氏

北欧の国、スウェーデンでマッサージを進展させ広めたのは、

パー・ヘンリック・リン(Per Henrik Ling,1776-1839)という人物です。

この方、「スウェーデン体操の父」でもあるのです。

リン氏はスウェーデン生まれで詩人・医者でもありました。

彼はそのマッサージシステムを確立する為に多方面 を旅行して回り、

国民の健康と治療の為にスウェーデン体操とスウェーデンマッサージを作り上げたと言われています。

 

よって、

スウェディッシュマッサージはリラクゼーション効果と共に、

欧米では今でも治療的効果のあるボディケア

として広く知られています。

 

1813年、リン氏はストックホルムに戻り体操中央研究所というスウェーデンで唯一の保険体操師・マッサージ師を養成する学校を設立しました。

そこで彼は人の手と触れ合い、スキンシップを通じて誰もができるエネルギーの交流と運動機能を向上させるマッサージ」を考案しました。

およそ200年前、現代のオイルマッサージの源流となっている「スウェーデン式マッサージ」が誕生しました。

 

19世紀以前までは、マッサージはただ「気持ちいいもの」としての認識しかなかったのです。

マッサージによる運動機能の向上や病気の予防・回復を早めることなどの効用が十分証明されてはいませんでした。

リン氏の功績は、その後に続く研究者たちより科学的な研究が進められ、マッサージの身体と心に及ぼす効果が徐々に明確になっていきました。

 

スウェディッシュマッサージは200年以上の長い年月を経ても衰退することはなく、

ストレスの多い現代社会にこそ必要な健康法として、さらに

エステティックやスポーツマッサージなどのオイルマッサージの基本として世界で認知・発展を続けています