リンパ(Lymph)の役割り

リンパとは、リンパ管・リンパ液・リンパ節の総称

全身に網の目のように張り巡らされている「リンパ管」。

その管の中を流れている「リンパ液」。

鎖骨やわきの下などにある「リンパ節(リンパ管の中継点)」。

これらを総称したものをリンパといいます。

メディカルイラスト図鑑よりリンパ図


リンパの流れが滞ると、余分な水分老廃物毒素が体内に蓄積されるだけではありません。

免疫機能が正常に働かなくなったり、栄養素の取り込みも正しく行われなくなり様々な障害が現れます。

つまり、

むくみ、痛み、こり、顔のたるみ、肥満、セルライト、疲労、体調不良となって現れます。

 

リンパの働き

リンパの働きには、大きく分けて「排泄機能」と「免疫機能」の2つがあります。

「免疫機能」

リンパには体内に入った細菌などのバイ菌を退治して体を病気から守る働きがあります。

リンパ節がフィルターの役割を果たしています。

老廃物や細菌をリンパ節に留めて処理し、全身にバイ菌が回って風邪をひいたり病気にならないようにしています。

また、リンパ球は一度戦った細菌やウイルスの性質を記憶しており、同じ病原菌が再び侵入した時に抗体を産出して身体を守る生体防御の能力を持っています。

リンパ球は寿命がくれば死滅しますが、この記憶は新しく作られるリンパ球にも延々と引き継がれます。

風邪をひいてリンパ節が腫れるのは、リンパ節で免疫システムがウイルスなどと戦ってくれているからです。

 

「排泄機能」

老廃物は通常、静脈に取り込まれて心臓まで戻ってきますが、静脈に入りきれずあふれた分の老廃物はリンパ管に流れ込み「リンパ液」となります。

つまり、リンパは静脈で回収しきれない老廃物を回収するシステムと言うことができます。

例えるなら、リンパは「身体の下水道」のようなものです。

リンパが滞るということは、下水道が詰まって流れていないのと同じことです。

自分のリンパが詰まっているのを想像しただけで嫌な感じがしますね!

リンパの滞りがない身体へ

リンパが滞るとどうなるでしょうか?

・体内に余分な水分が溜まる

→むくみで悩む、ボディラインがくずれる。

・老廃物や細菌、毒素が体内に溜まる

→疲れ、だるさ、肩こり、セルライト、風邪、肌の調子が悪いなどの不調をきたす。

 

リンパは筋肉の収縮運動によって身体の末端から心臓へ向かって流れていきます。

なので、運動不足の人はリンパの流れが悪くなっている可能性が大きいので適度な運動を心がけましょう!

 

美建樹では静脈とリンパの流れを促すスウェディッシュマッサージ、

およびリンパ節の詰まりを直接ケアするリンパケアメニューを各種提供しております♪

お気軽にご質問くださいね^^