耳がかゆいのは外耳炎の初期症状かも⁉

ここ最近、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でテレワークやリモート会議などが普及しました。

そこでイヤホンを使用する機会が増えたという人は少なくないでしょう。

それに伴い、増加傾向にあるといわれているのが外耳炎(外耳道炎)です。

誰にでも起こり得る身近な耳の病気ですが、進行すると難聴になる場合もあるので気を付けましょう。

 

外耳炎とは?

耳の入り口から、耳の奥の鼓膜までを結ぶ通り道を「外耳道」といいます。

外耳炎(外耳道炎)とは、何らかの物理的な刺激によって外耳道の皮膚が傷つき、そこから細菌感染して炎症を起こす耳の病気です。

<外耳炎の主な原因>
・耳掃除のしすぎ
・爪などで外耳道を傷つける
・イヤホンの長時間使用

など

<初期段階での代表的な症状>
・かゆみ
・軽い痛み

<進行した場合に起こり得る症状>
・強い痛み
・外耳道が赤くただれる
・外耳道の腫れ
・聞こえの悪さ
・耳鳴り
・細菌の繁殖による外耳道や鼓膜のカビ
・耳だれ(白や黄色の分泌物が出る)

耳のかゆみは炎症が起きているサインのひとつです。

かゆみが続くようならできるだけ速やかに耳鼻科などを受診しましょう。

原因や症状にもよりますが、適切な治療を受ければ1週間程度で改善するのが一般的です。

正しい耳のケア

耳には自浄作用があり、耳あかなどの汚れは自然に外へ出ていく仕組みになっています。

過度な耳掃除は外耳道を傷つける原因となるので注意しましょう。

・耳掃除をするときは外耳道の入り口付近(1cm程度)まで(耳の奥まで耳かきや綿棒を入れない)

・頻繁に耳掃除をしない(月1回程度)

・入浴後は皮膚がふやけて傷つきやすいため耳掃除は控える

・イヤホンの長時間使用は避ける(可能であればスピーカーやヘッドホンを利用する)

・イヤホンは汚れを拭き取り清潔に保つ

・硬い素材や密着度の高いイヤホンの使用は控える

以下の症状に気付いた場合は早めに受診しましょう。

◎耳の痛みを感じたりする

◎耳の聞こえの悪さ

◎耳鳴り

 

また、イヤフォン、ヘッドフォンなどを過度に使用することで耳の周りのリンパが詰まりやすくなる場合もあります。

耳下リンパ節を始めとする耳の周りのリンパの流れを促すマッサージも行いましょう^^